足の臭いは、他のタイプのボディ臭とは異なります。ほとんどの臭は、「アポクリン汗腺」が含ま れている性器や脇の下から発生します。足や身体の残りの部分は、「エクリン汗腺」で覆われています。すべての汗は基本的に無臭ですが、大きな違いは「アポ クリン腺」からの汗は、皮膚に潜む細菌の餌となるタンパク質やアミノ酸を含んでいます。この細菌が臭を発生させます。

その一方で、「エクリン腺」からの汗は水っぽくてサラッとしています。それはかなり迅速に蒸発する傾向があり、通常は臭いが発生することはありません。しかし、私たちの足には約50万の汗腺があるので、汗の濃度が高くなるのです。一部の研究者は、私たちの祖先が裸足で歩いていたので地面と直接接触して暑くなった足を冷やすために汗腺が発達したと考えています。

今日では、私たちが足に汗​​をかくとき、通常は靴下と靴を着用しているので、汗が内部に閉 じ込められ、足の表面に住んでいる細菌が繁殖しはじめます。一つは、ブレビバクテリウムリネン菌です。この細菌は乾燥した角質を餌にして、足に住んでいま す。そして細菌は汗をかいた靴や靴下のように暖かい、湿った環境で繁殖します。また、この菌が餌(角質)を食べるとき、アミノ酸からガスを発生させます。 そのガス、メタンチオールは腐った卵や キャベツのような臭いがします。

もしあなたの足が酸っぱい臭いが強ければ、表皮ブドウ球菌が理由かも知れません。この細菌は皮膚で見つけた別のアミノ酸を食べてイソ吉草酸を生成します。これらの細菌の存在が一般的な臭い足の問題を引き起こしているのです。

 

足の臭いを退治するには、2つの異なる問題と対処しなければなりません。それは細菌と汗です。

我々の皮膚表面には細菌が住んでいます。アンチ菌せっけんで足を洗うことにより、臭気産生細菌を減少することができます。

お風呂ではつい足を洗うのを忘れがち になりますが、良い習慣は軽石をつかって良く洗い、古い角質を落とし乾燥させることです。そして、まめにシャワーをし清潔を保つことです。

ブレビバクテリ ウムリネン菌の餌となる物質を少なくするための対処法です。

 

 

 

 

足を乾いた状態に保つためにできることはたくさんあります。靴を履いている時間をできるだけ減らすこと。

そして、靴下は天然の材料である ウール、綿、麻や竹などで作られたものを着用してみてください。

少し面倒でも、日中一回は靴下を交換し、常に清潔なものを着用することを試みてみましょ う!